ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

インフルエンザ・・・

カテゴリー:さくら荘/2008年12月2日

もう、そんな季節なんですね・・・。

 

そんな事をシミジミ感じる、この季節。

 

世の中で怖いものって色々ありますが、特に多いのが、注射です。

 

小さい時に、必ず母親に連れて行かれた記憶があります。

 

「泣かなくて良い子だね」と、先生に褒められましたが、終わってから泣いた私です。

 

緊張感から解けた瞬間だったからです。

 

 

でも、いつになっても怖いものだから、仕方ないですよね???

 

 

そんな一人の職員をピックアップしてみました。

 

 

血等を見ると倒れてしまい、注射なんて大興奮してしまいます。

 

午前中、Nsより「注射どうですか?」と、聞かれ「15:00から」と、約束をした為、当時刻から、インフルエンザの注射です。

 

行う前から、興奮状態になり、「誰か、血圧を測って下さい」と、I君に血圧を測っていただいているところです。

I君は、とても楽しそうですね(^o^)

 

血圧が高めだった為、落ち着いてただく為に、横になっていただきました。

 

 

が、決心がつかず、起き上がり、どうにか逃れようと言い訳をします。

「病院へ行って」とか「注射以外の方法を」とか・・・。

 

Nsも、手に追えずもう一人のNsへ応援要請をします。

 

 

その間に「大丈夫だよ」と、説得をされています。

 

 

もう一人のNsが来ても、「喉が渇いてしまいましたので、飲んできます」と、水分を摂りに冷蔵庫へ。

飲んでからも、Nsから離れた場所へ座っています。

 

意を決し、いざっ、注射を!!!

その画像は・・・、ありません!!!

 

注射の最中を表現するとしたら、宇宙人に襲われているような感じです。

 

動画を撮りました。(見たい方は、さくら荘へどうぞ)

 

本人も「襲われた感じです」と、どっと疲れている様子でした。

 

利用者のNさんに「どうやったら、注射は慣れますかね?」と、真剣な表情で相談してた。Nさんも説明をし、「見ない事が一番だよ」と、おっしゃり「なるほど!!!」と、納得された様子。

 

Aさんの隣に座り、癒しの時間。

 

二人ラブラブな様子でした。

 

面白かったな~(^o^)

”ありがとね、おせわになりました”

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2008年11月30日

 今回、施設入所者の方を家族が引き取り、在宅で看て行きたいというケースを支援させて頂きました。

 自宅の環境を整える為、住宅改修をし、福祉用具購入、福祉用具貸与を受け、無事病気発症前の住み慣れた自宅に戻ることが出来ました。今後は通所サービスを利用する予定です。

 県外の特養に入所されていた○○市の住所地特例の方でしたので、私としてもとても勉強になりました。連携が取れるよう、入所中の情報を色々提供してくださった施設の方々には大変お世話になりました。

 ご家族様も「不安はある、何処までやれるかわからないが、本人が自宅に戻りたいと言うからやってみようと思う」と話されていました。

ご家族、在宅福祉サービス、地域の方々のご支援を受けながら、いつまでも在宅での療養生活が続けられるよう、関係機関の連携をとりながら、ご支援していきたいと思います。

 

かっちょよくなったよ!

カテゴリー:あじさい荘/2008年11月29日

バイザーの福野さんと

ドリルで大工仕事をしている。

あじさいのムードメーカーが

おばさんがはしゃいでいる。

玄関を作ってくれました。

きれいな姉ちゃん懸垂中

こんなことが出来ちゃうくらい頑丈なんですよ。

*福野さん、どうもありがとうございました。

3371件中 3091~3093件

  1. 1
  2. ...
  3. 1029
  4. 1030
  5. 1031
  6. 1032
  7. 1033
  8. 1034
  9. ...
  10. 1124