ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

はじめまして迷子の栄養士

カテゴリー:管理栄養士/2008年6月2日

入社して早いもので1ヶ月が過ぎました。

毎日が緊張と不安の中手探りで頑張りました。

 

 

食生活についての関心が高まってます。

一日三回の食事をお腹も心も満腹になるように美味しく提供できるように心がけたいと思います。

 

 

そこで食事バランスガイドを使って一日に「何を」「どれだけ」食べたらいいのかコマに例えてみると・・・

このコマをうまくまわし続けられるように頑張りましょう!!

 

迷子の栄養士より

水元公園&帝釈天

カテゴリー:すみれ荘/2008年6月1日

やっと。やっと念願の水元公園に行って来ました~。(色々ありましたが・・・)

花菖蒲は生憎咲いていませんでしたが、ご家族の協力もあり、お年寄りも

この笑顔です(^^)!!

 

 

お年寄りの笑顔は私にとって栄養剤です。。どんなに大変な事があっても、

この笑顔を見れば元気になれます。

「笑顔」を引き出す事が私達がやるべき事ですし、その為ならどんなに辛い事

が有っても強い意志を持ってやらなくてはいけないと感じました。

 

私達の仕事は本当に辛いことだらけです。めげてしまう事も沢山有るけれど

お気に入りのお年寄りとこうして出かけたり、ご家族と一緒に時間を過ごして

「有難う。」と一言言って下さる事が最も遣り甲斐を感じます。そして又明日か

ら頑張ろうと思うのです。この楽しさは、実際関わった職員でなければ分かり

ません。

 

 

年寄りから、「御寿司が食べたい。」と言う事で、皆で御寿司を食べることに。。

いつも残されているお年寄りが「美味しい。」と満面な笑顔で全部食べ終えた時は何とも言えません。。

せっかくこの玉樹にいるのですから、沢山楽しい事をしてお年寄りを喜ばせたいですね。。楽しい事が一番です!!

楽しみがあるから生きる力も湧いてくるし、何より生き生きしてきます。その姿を私はこれから見て行きたい。。今度は、何処へ行こうか。。相撲観戦か?

プロレス観戦か?お年寄りの行きたい所へ。。自分も楽しむぞ~!!

☆絆(^∀^)/\(^∀^)☆

カテゴリー:介護主任/2008年6月1日

 

特養は、ご家族や本人が望むのであれば

「終の棲家」となる場所です。

以前「終末期ケア」の研修を受講した時に、講演して下さった方が

話していましたが。。身体の状態が終末期に入ったから

看取り,ケアが始まるのではなくて お年寄り一人ひとりが

施設に入所されたその日から

終末期ケアが始まっているんだとの事でした。

 

それを考えたら日々・・一日一日がとっても大切だな~と思います。

ご家族にとっても・本人様にとっても・私たち介護者にとっても。。。

出来る限り後悔が無いように。。。

あんなことやればよかったな~

もっと○○してあげたらよかったのにな~・・

マイナスの後悔が出来る限り少なくなるように、

日々大切に関わっていきたいと思います。

そして私たち介護者が出来る事ってなんだろう?

 

終末期の対応は、精神的な部分でのサポートが

とても大切だと思います。

お年寄りも ご家族もそうだと思います。

不安な気持ちを出来る限り取り除けるように。。。

 

自分だったら・・・・と 常に

家族の気持ちもしっかりと受け止めようと努力する

事が大切だと思います。

ご家族にとっての大切な人に

関わらせて頂いているという

気持ちを持ってやって行きたいと思います。

 

 

3285件中 3214~3216件

  1. 1
  2. ...
  3. 1070
  4. 1071
  5. 1072
  6. 1073
  7. 1074
  8. 1075
  9. ...
  10. 1095