ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

明日のために

カテゴリー:デイサービス玉樹/2008年6月12日

今日は、デイ会議でした。

デイを陰で支える、大切なものばかり。

大変だけれど、誰でもない、職員一人一人が責任を持って行う担当であったり係は、”やりがい”やそこでの”居場所”につながるようにも思える。

利用者さんと職員がともに和めるデイのために。

こうしたいを口に出して、みんなの知恵を明日のデイに生かせますように。

 

目から鱗(うろこ)

カテゴリー:施設長/2008年6月12日

開所当初から、ボランティアを希望して電話をくださったり、玉樹の扉を開いてくださった方々には、どんどん来ていただいていた。

だけど、なかなか継続していただくことが難しい。

その一方で、受け入れる側(現場の職員)の負担も否めない・・・

日常の業務の他に、ボランティアさんを気遣い、何をしていただくか考え、お年寄りとのコミュニケーションが上手くいっているか気にしながら・・・などなど。。。

でも、何とか受け入れたい。

 

また、先日は、町内の小学生の仲良しグループが、「ボランティアに来たい!」と連絡をしてきてくれた。

でも、受け入れに迷いが生じた。来て欲しい!だけど、ルールを作ったほうが良い?保護者の方に受付していただく?現場職員の負担は?

などと考えているうちに、折角芽生えた、子ども達の「芽」を萎えさせてしまった。育てることができなかった。

でも、何とか受け入れたかった。

 

そんな中、開所前に「管理者研修」にてお話を聞いた施設。ボランティアさんの登録が約300名で、年間延べ人数3000人~4000人いらっしゃるという特養Kの園長さんの顔が浮かび・・・

昨日、特養Kを訪ね、勉強させていただくことが実現した。今年の納涼祭にてボランティアの担当となる職員3人とともに。

 

その感想が・・・

まさに、「目から鱗が落ちた」 が最もふさわしい!!!!!

 

今までのやり方に無理があったのだ。続けていただけなくて当たり前だった。

 

 

特養Kの園長さんをはじめ職員の皆様が、申し出を快諾してくださり、昨日の見学の際も、笑顔で迎えてくださり、ありがとうございました。

まずは、玉樹でも、真似をさせていただく。できる部分から。

そして、数年かけて・・・玉樹の彩りを添えていき、、玉樹らしいものを創っていけたらいいな。

 

特養Kの喫茶ボランティアさん(75歳)の一言

「ここに来ると、私が元気をもらうのよ。そして、家に帰ると家族に対しても優しい自分でいられるの。」

とても素敵な笑顔で話してくださった。彼女にとって、きっと心地よい居場所なんだろうな。

気分転換に。。。

カテゴリー:デイサービス玉樹/2008年6月12日

この頃、認知が進んできてしまったAさんと、久しぶりにカラオケを・・・

「ねぇ ねぇ。”だんなさま”歌って?」

にこにこされながら「いいよ。」ってAさん。

ちょっとテンポをずらしながらも、しっかりと歌い上げました。

「さすが、Aさん!うまいっ!! また、歌ってね。」

「うん、いいよぉ。」

久しぶりに満面の笑顔と力をいただきました。

ありがとう Aさん。。。。。

 

・・・帰りのバスの中で・・・

気分の良くなったAさんは、乗車中ずっと”だんなさま”を歌い続け・・・  

自宅では”星影のワルツ”を歌い続けていたそうで・・・ f(^^;

楽しかったのかな?  また、一緒に歌ってくださいね。

3327件中 3241~3243件

  1. 1
  2. ...
  3. 1079
  4. 1080
  5. 1081
  6. 1082
  7. 1083
  8. 1084
  9. ...
  10. 1109