ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

懐かしの我が家へ。

カテゴリー:さくら荘/2016年6月17日

ミノ様のご自宅が、近く新築されるとの話を伺いそれでは、「ミノ様の思い出

が沢山詰まった旧家のうちに一度帰って頂きましょう。」との話がユニットで持

ち上がり、早速行ってきました。

   

奥様が、ミノ様が大好きだったカボチャの煮物を沢山作って出迎えて

下さいました。

  

奥様の傍で皿一杯のカボチャの煮物を召し上がられている姿は、とっても微笑ましく幸せそうでした!

そしてカボチャの煮物は完食され、自家製のスイカも沢山召し上がられました。

    

外国から働きにきておられる2人の方も、畑から駆けつけて下さり

とっても良い記念写真を撮らせて頂くことが出来ました。

名残り惜しかったのですが、今度、新しくなったら又伺うことを約束し、皆様に

お見送りして頂きながら帰ってきました。

   

来月には取り壊されるとの話をお聞きし…、ああ、間に合って良かった!

“決まった事は即実行する!”を実感した日でした。

 

 

新茶の時間

カテゴリー:デイサービス玉樹/2016年6月16日

私の親は静岡県の出身で、毎年新茶が出回ると静岡茶を送ってくれます。

今年も新茶が届いたので、デイサービスの皆さんと一緒に飲みました。

先週1週間、新茶ウィークということで、おやつの時間にお出しすることに。

 

CWが気持ちを込めてていねいに淹れてくれました。

 

 

ゆっくり香りを嗅いでから飲む姿は、普段ではなかなか見られないものです。

「やっぱり香りがいいね」

「静岡茶って有名だものね~」

「今日は来て得しちゃった♪」

「初めて飲んだけど美味しいね!」

「家に帰って家族に自慢できちゃうね!」

嬉しそうな会話があちらこちらから聞こえてきます。

いつの間にか、利用者様の間で新茶の“回し嗅ぎ”が始まっていました。

袋を開いてお茶の香りを嗅いで隣の方に回して・・中には葉を少し出して味わっている方もいました。

 

 

いつもではないけれど、たまには少し贅沢な良い想いをする。

それも【普通に暮らす幸せ】なのではないかと感じました。

 

そして日頃の一杯のお茶から、心を込めてていねいに淹れることを忘れずに大切にしていこうと、改めて思いました。

今回のように良いお茶でなくても、“心を込めた”お茶を出すことは自分の意識次第でいつだってできます。

そしてそれはきっと相手に伝わります。

お茶も介護も大切なのは“心”

大事にしていきたいですね。

 

思い出のおこし

カテゴリー:デイサービス玉樹/2016年6月16日

デイ玉樹には姉妹の利用者様、くー様とみー様がいらっしゃいます。

お互い20代で嫁がれてからは別々に暮らしていますが、今でも仲の良さと息の合い方は変わりません。

ある日お二人とお話をしていると、お二人のお姉様の話になりました。

何でもお姉様は、東京のおこし屋に嫁いだそうで、お二人はそのおこし屋に手伝いに行っていたそうなのです。

「ポン菓子と砂糖で簡単に作れるんだよ!」と教えてくださるみー様。

それなら玉樹で一緒に作ってみよう!

 

ということで、姉妹の思い出のおこし作りが始まりました。

妹のみー様

姉のくー様

昔取った杵柄とはよく言ったものです。

お二人とも「懐かしいなぁ~」と慣れた手つきでどんどん進めていきます。

完成~♪

周りの利用者様たちも、昔懐かしいおこしにご満悦です。

「久しぶりに食べたな」「ちっちゃい頃好きだったんだよ」と手が止まりません。

くー様とみー様、お二人の思い出のおこしは、とても懐かしい味がしました。

ぜひまた、一緒に作ってくださいね。

3370件中 637~639件

  1. 1
  2. ...
  3. 211
  4. 212
  5. 213
  6. 214
  7. 215
  8. 216
  9. ...
  10. 1124