ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

高齢者と服薬について

カテゴリー:医務/2014年1月4日

人の体の60~65%は水分で出来ているといわれています。しかし、この数字は一般的な成人の場合です。 

体内の水分量は年齢とともに減少し、高齢者は50~55%にまで減少します。   これは細胞内の水分量の低下によるもので、老化現象の一つと考えられています。  中年以降は、代謝の低下に伴い脂肪が増えることも大きな原因と言われています。 このような体内環境の変化は薬の服用に際して、様々な影響を及ぼします。

例えば高齢者が水溶性の薬を服用すれば、体の中で薬を希釈する水分が不足しがちになり血中濃度が高くなる傾向があります。  一方で、体内に脂肪が多い人の場合、脂溶性の薬は体内により多く蓄積され、効果が強く現れたり副作用を起こしたりします。  特に女性の場合は男性よりも、脂肪の割合が多く水分量が低いことが多いので注意が必要です。

服用の時に、コップ1杯の水を多くとるだけでも 副作用のリスクはかなり低下するといわれています。  水分制限のある方は難しい事かもしれませんが、脱水は夏場だけではありません。暖房により体内の水分は減っていきます。 水分補給は大切です。 

寝る前の1杯、起きてからの1杯、冷たい水より微温湯が良いそうですよ。

お試しください。

 

本年も宜しくお願い致します。

カテゴリー:さくら荘/2014年1月4日

さくら荘のベランダからは、朝日がとても良く眺められます。

元旦の7時少し前に、一番早く起きてこられていた利用者様と一緒に

ほぼ、ま~るくなった初日の出を拝む事が出来ました!

利用者様を抱っこ…しての初日の出拝みだった為、残念ながら写真に収める事は出来ませんでしたが、ほんの数秒間、一緒に感動させて頂きました。

今年も沢山の楽しい事や、一緒に感動出来る事等があるといいな!

と思っています。

何かと毎日てんやわんやの賑やかな…さくら荘ですが、今年も宜しくお願い

致します。

元旦の・・・

カテゴリー:あじさい荘/2014年1月3日

お正月といえばいろいろなものが思いつきますよね・・・

今回はカルタやってみました。

新年早々すごく白熱していました。

読み札を言い終わる前に取られて・・・

皆さん取るの早過ぎです。

3285件中 1165~1167件

  1. 1
  2. ...
  3. 387
  4. 388
  5. 389
  6. 390
  7. 391
  8. 392
  9. ...
  10. 1095