ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

復活!!遊びり 復活!!満開笑顔

カテゴリー:デイサービス玉樹/2013年7月23日

昨年の法の改正より帰宅時間が

15時 17時と帰宅される時間がバラバラになり

遊びリテーション→個別レクへと変更をしましたが

今年に入り、なかなか個別レクもうまくいかず(--;)

 

利用者様に何が大切か?

利用者様は何を望んでいらっしゃるのか?

頭を悩ます日々が続いていました。

 

今月の会議で、スタッフ一同 悩みました。。。

やはり・・・利用者様もスタッフも「笑顔」がなくなっている事に気づきました。

「笑い」   「笑顔」

「遊びりテーション」の復活!!

帰宅される時間がバラバラの為、なかなか満足されるまで行う事は出来ませんが、限られた時間の中での復活!!

少しずつですが、利用者様の「笑顔」 「笑い声」 が、フロアの中に広がってきています。

 

 

高齢期の食生活ー低栄養予防

カテゴリー:管理栄養士/2013年7月21日

高齢期は加齢に伴う臓器の委縮や生理機能低下、特に視覚、味覚

の感覚機能の衰え、日常生活動作の低下が生じる。

 

さらに、認知症や脳血管障害に合併する摂食・嚥下障害も見られ、

誤嚥性肺炎なども引き起こします。

 

食生活では、摂取食品や献立が単一的で、栄養のアンバランスが起こり

やすくなります。

 

また味覚低下から、濃い味付けを好み、塩分や糖質の摂取量が多くなる。

 

咀嚼・嚥下困難から、硬いものや繊維質をさけるために、肉、海藻

果物、野菜など不足がちになります。

 

食物繊維や運動不足のため、便秘も増え、低栄養と運動不足では

老化も早めるようです。

 

高齢期の健康は単に肉体的な健康状態だけが目標ではなく、

魅力ある人格を備えた高齢者になること、好奇心や余暇活動の充実を

させることも重要とされています。

 

低栄養や運動不足が原因で臀部や太もものうらの筋肉が減少してくるので

骨と筋肉の材料となるたんぱく質やカルシウムを積極的に補うことも大切です。

 

 

主食はエネルギー源と同時に、たんぱく質源なので、適量を毎日摂る。

主菜となる魚、肉、卵、大豆製品も毎日摂り、乳製品も補う。

 

食欲がない時は楽しい雰囲気を作り、少量でも、食べたいものを食べたい

時に口に入れる。

少量でも数回に分けて口に入れると、食べられるようになります。

また栄養補助食品なども利用する。

 

口腔ケアもしっかり取り組み、食べる楽しみを大切にリクエストメニューなど

の充実をはかり、おいしい食事つくりを目指していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決意

カテゴリー:すいせん荘/2013年7月20日

 私ごとですが・・・つい先日、恩師の方が天国へいかれました。先生は、謎が多くクールで厳しい方でした。
 
学生時代、先生との別れ際でのこと・・・
連絡先を教えてもらおうと先生に声をかけると、ケータイ番号やアドレスは教えて頂けず住所のみしか教えて頂けませんでした。
「立派な介護福祉士になったら家にきてね。立派になるまでは来ちゃダメ!」と断言されました。

それまで、自分なりに頑張ってきましたがまだまだと思い仕事をしていました。
こんなに急にいなくなるなんて・・・・怒られてもいいから会いに行けば良かったと後悔です。

これから、もっともっと自信と誇りをもって頑張って仕事せねば!!
後悔しない為にも、出来る事はすぐにする事やお年寄りひとりひとりと密に関わる事他にもたくさんありますが実行して行きたいと思います。


暗い話になってしまいすみませんでした。



3283件中 1345~1347件

  1. 1
  2. ...
  3. 447
  4. 448
  5. 449
  6. 450
  7. 451
  8. 452
  9. ...
  10. 1095