ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

夫婦☆

カテゴリー:さくら荘/2013年2月18日

この間

 

松様のお部屋に奥様が会いに来てくれました(#^.^#)

久しぶりのお顔に安心し目頭が熱くなりました。

 

私がお部屋に入った時には

松様と奥様は手をつながれていました。

微笑ましく、温かい時間がそこにはありました。

 

奥様が安心してこれるお部屋作り

二人でのんびりできるお部屋作り

 

頑張っていきたいです。

 

旦那と縁側で仲良く緑茶を飲んで老後を過ごす予定ですが…笑

今は二人で施設に入って

松様と同じく

手をつないで微笑ましい時間を過ごすのもいいね。

なんて話しています(#^.^#)

 

夫婦って

いいですね(*^。^*)

 

もっと私にできる事

松様や奥様がもっと夫婦らしくいられる努力をしていきたいです。

 

手をつなぐっていいですよね。

体温を感じますし

何より安心しますよね。

 

私も旦那とと手をつないで寝るのが習慣なので

松様夫婦を見ていると

幸せな気持ちになります。

 

二人の時間を作っていけるように

松様の体調も良く見ていきたいです(*^_^*)

 

 

原風景。。。

カテゴリー:事務/2013年2月17日

先日、父のお兄さんのお見舞いに父母を連れ行ってきました。

普段は離れている為、1年に1回会う位の関係なのですが父の兄弟は

もうこのお兄さんだけに。。。

3ヶ月ほど前から入院していたのですが、最近衰弱が進んできたと聞き

「顔が見たいんだよ。」とボソッと呟いた父。

病院へ行くと、最後に会った時から想像できない位痩せ細った叔父の姿がそこにありました。

父は、ベットに駆け寄り「〇〇あんちゃん!俺だよ。〇〇だよ。わかるか~!」と手を握り泣き出し、暫くは離れようとしませんでした。

これまで、父が叔父を「〇〇あんちゃん」と呼ぶのを聞いた事が無かったので、驚きました。

でもその時、父から良く聞いていた、幼少期の田舎での原風景がそう呼ばせたのだと思います。

誰でもそれぞれに原風景はあり、良い物もあればトラウマになっている物も色々です。

帰道、父が叔父との幼少期の話をしているのを聞きながら、玉樹に入所されているお年寄りにはどんな原風景があるのだろう。。。

そんなことを考えさせられた一日でした。

食事会2

カテゴリー:デイサービスじゅげむ/2013年2月15日

2月6日にじゅげむで初の食事会を行いました。(2/6じゅげむブログも見てください)

早速、2回目の食事会を計画中です。

きっかけはお年寄りの何気ない一言。

カレーライスの話の後に「家でも作ってみようかな」

その一言、頂きます。

じゅげむでも作ってください。

その方はルーにも「こだわり」があるようです。

楽しみだな。

 

3285件中 1522~1524件

  1. 1
  2. ...
  3. 506
  4. 507
  5. 508
  6. 509
  7. 510
  8. 511
  9. ...
  10. 1095