ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

かぼちゃ栄養

カテゴリー:管理栄養士/2018/10/19

 かぼちゃの栄養について

栄養成分と働き

 βーカロテンが豊富に含まれていることが特徴です。

体内でビタミンAに変わり、肌や粘膜を保護し、感染症に対する抵抗力をつけます。

 また、ビタミンEの含有量も野菜のなかではトップクラス。強力な抗酸化作用があり、生活習慣病やがんを予防するほか、血行をよくするので肩こりや冷え性にも効果があります。

食物繊維も豊富で、腸内環境を整え、便秘の改善、動脈硬化の予防に役立ちます。

上手な食べ方

豊富なβーカロテンは、てんぷらやソテーなどにして油と一緒にとると吸収力が高まり、効果的です。加熱による損失が少ないので、煮物やスープにしてもよいでしょう。

 

コメント一覧

コメント投稿

名前
メールアドレス
URL
コメント

カレンダー

2018年11
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前の月へ 次の月へ

バックナンバー