ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

無意識の意識。。。

カテゴリー:事務/2019年10月13日

昨年末より車の調子が悪く、今年に入ってからは信号待ちでエンジンが止まる事しばしば。。。

 

2月に清水の舞台から3度ほど飛び降りる覚悟で車を変えました。

今回の車はスピードメーターの横に色々な情報が出るのですが。。。

 

今現在の燃費が表示される様に設定を合わせてみました。

でも、なんとなくです。

「省エネするぞ~!」なんて意気込みはまったくありませんでした。

 

そして半年が過ぎ。。。

 

気がついてみると、いつの間にかその表示を見ながらスピードを緩めたり、

急加速や急停止をしなくなっている自分に気付きました。

 

常に見ていると、無意識に見ている物が意識する物に変わる。

 

『思い続けていると叶う』とか

『言い続けていれば実現する』とか

その類のことはよく聞きますが、

 

こういう事なんだなと今回気付きました。

 

無意識でも。。。

 

繰り返し見たり、やり続ける事がその人の常識を増やすきっかけになる。

そう実感しています。

 

なつ

カテゴリー:事務/2019年9月24日

とある夏の日の夜、自宅の外で猫の泣き声が聞こえ

窓から そーっとのぞいてみると・・・子猫が必死に鳴いていました。

ガリガリにやせ細り、動けない状態。

何かに怯えているような目・・・見ていて切なくなりました。

ミルクも自力で飲めないくらい弱ってしまっている・・・

指にミルクを付け、子猫の口に持って行くとなめてくれる・・・

元気になってもらいたくて家族でお世話をしました。

 

今では元気に走り回っています。

そんな子猫の名は「なつ」。

natu

しっぽの先が曲がっていて「カギしっぽ猫」と言われるしっぽの持ち主。

「幸運を引っ掛けてくれる」といわれ、縁起の良い猫とされているそうです。

「なつ」のことを家族みんなが思い

「なつ」の姿に癒され

「なつ」を囲んで笑顔が増えました。

さっそく、「カギしっぽ猫」の力を発揮してくれたかな?

絆。。。

カテゴリー:事務/2019年8月27日

某テレビ局の24時間テレビの中で。。。

 

視覚障害者の方が伴走者とタスキのような物を握り合い、走る姿は何度か目にしたことはありました。

 

でも、そのタスキのような物が『』というのを初めて知りました。

 

 

視覚障害を持った方が走るという事は、私達の想像をはるかに超えた恐怖と不安があると思います。

ある意味、命を預ける訳ですから伴走者に対し、絶大な信頼がなければ無理です。

 

寄り添い、相手の状態を注意深く見ながら並走する。

この二人を繋ぐタスキのような物が「」。。。

 

震えがくるくらい感動しました。

 

共に歩み、走り、乗り越え、時につまづき。。。

常に寄り添っているから相手の変化にも気付く事ができ、いたわる事も出来る。

そこには生まれるのだと思います。

 

夫婦。。親子。。兄弟。。

 

同僚。。上司と部下。。など色んな関係がある中、

 

同類になるのではなく、寄り添う事。

 

共に歩む事の大切さを教えられた気がします。

201件中 1~3件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 67