ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

お誕生日

カテゴリー:さくら荘/2017年3月15日

3月14日はたかさんのお誕生日です!

だいぶ前から事務所、生活介護、ユニットの職員などに「一緒に行くべな!」

とお誘いをしていましたが当日は、たかさんのお気に入りの医務あみちゃん

とさくら荘職員の3人で下妻の坂東太郎にレッツゴー☆

天ぷらとお蕎麦、お寿司のセットを頼みました。美味しそうにほおばるたかさ

んを見てこちらもうれしくなっちゃいました!!

お腹いっぱいで完食~!

たかさん☆来年のお誕生日も一緒に美味しいもの食べてきましょうね!

Happy Birthday~☆

カテゴリー:すみれ荘/2017年3月12日

本日、おき様96歳の誕生日でした☆

皆でお祝いしました♪

スプーンを渡すと、大きな一口!

最近、食欲の落ちていたおきさん・・・

凄くうれしくなりました(^v^‐)♪

 

もう一つ、嬉しかったことが・・・

夕食のお味噌汁のわかめがハートの形をしていたんです!

何か良いことあるかな~♪

 

また、来年も一緒にお祝いさせてくださいね☆

昔の病気とは言えない 肺結核

カテゴリー:医務/2017年3月12日

日本における肺結核は、減ってきてはいるが今でも発病者の数は少なく有りません。   肺炎や風邪と区別がつきにくかったり、高齢者は自覚症状が出なかったりするため、風邪のような症状が2週間以上続く、体重が急に減ってきた等の場合は、肺結核を疑う事も必要です。

肺結核はどのように感染するか?    発病者の咳やくしゃみで飛び散った結核菌を吸い込むことで感染します。しかし、結核菌に感染したからといって、必ずしも発病するわけでは有りません。免疫力によって封じ込められ、発病せずに生涯を終える人がほとんどです。  現在の高齢者のほとんどが結核菌に接した可能性が有り、若い頃に感染しても免疫力で抑えていたのが、歳をとり免疫力が落ちて来ることで発病するのです。

発病が疑われた場合は、早めに病院や保健所に連絡をし、指示を受けてください。  早期発見は、発病者本人の重症化を防ぐだけでなく、家族や友人、職場の人たちへの感染を防ぐ為にも重要です。

肺結核の治療は、最低でも6ヶ月程かかります。  治療をするうえで重要なのが、医師の指示に従い、完治するまで服薬を続ける事。症状が良くなったからといって自己判断で服薬をやめてはいけません。  途中で服薬を止めると、結核に有効な薬にも効果を示さない多剤耐性菌が発生し、治療が困難になる場合が有ります。

発病を予防する為のBCG接種は成人には期待できないそうです。成人の場合は免疫力を落とさないように日常生活で無理をしないことが予防になります。体に負担のかかる生活をしない、規則正しい生活リズム、十分な睡眠、バランスの取れた食生活、禁煙などを習慣づけることが大切です。{痩せ型は結核を発病しやすい}という研究報告が有り、過度のダイエットも免疫力を落として発病のリスクを高める恐れが有ります。

3331件中 409~411件

  1. 1
  2. ...
  3. 135
  4. 136
  5. 137
  6. 138
  7. 139
  8. 140
  9. ...
  10. 1111