ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

オムツの当て方セミナー

カテゴリー:本部長/2013年11月14日

他事業所の方も招いてのナイトセミナーは約3年ぶりとなりました。

 

「オムツの当て方」

 

介護度の高い人から優先的に入居となる特養。

オムツを着けてこられる方もたくさんいます。

みんなの努力でオムツを外せることもたくさんありますが

生活していく中で重度化していくのはどうしても避けては通れないようです。

 

少しでもオムツの期間を少なくしたい。

 

やむを得ず、オムツを着けざるをえなくなっても

少しでも快適に過ごしていただきたい。

 

介護のプロとして

「オムツの当て方」をしっかりとやろうよ。

 

生活介護研究所 福野初男 氏のナイトセミナーです。

玉樹内の認定資格「オムツの匠」も講師としてお手伝い。

 

オムツの構造などを勉強した後

実技

みっちり2時間のナイトセミナー。

外からお客さんを招き、初めて会う人にポイントを伝えながら

オムツの当て方を教えるというはいい経験だったのではないでしょうか。

 

また、定期的に他事業所の方も招きながらのセミナーを開催していきたいと思いました。

 

 

 

 

もうすぐ☆

カテゴリー:すみれ荘/2013年11月13日

来月は12月クリスマスです☆

 

 

☆クリスマスツリー出してみました☆

 

 

薬ののみかたについて

カテゴリー:医務/2013年11月13日

薬の飲み方について

何で飲むのが一番良いのか?  錠剤、カプセル剤などの内服薬は、常温の

水かぬるめの白湯で飲むのが基本です。  薬は常温のコップ1杯の水で

飲んだ際、最も効果が出やすいように製品化されるようです。常温の水で飲むと薬の吸収が、スムーズに進み、効き目を発揮させやすいのです

      胃腸の弱い人は胃腸への負担を減らすため、ぬるめの白湯で飲む

のもよいでしょう。    アルカリイオン水は水そのものに、効能成分が認められ

るため、薬を飲む水には向かないようです。

例えば、一部の抗生物質(テトラサイクリン系)と、アルカリイオン水を一緒に

飲むと薬の吸収阻害が起こりやすくなります。 強心剤のジギタリス製剤とアル

カリイオン水では、作用が増強しやすくなり、食欲不振、嘔吐、不整脈等の中毒

症状が出ることがあります。   また、水や白湯では、飲みにくいからといって

お茶やコーヒー、ジュースや牛乳等で飲むのはよくありません。 飲み物に含ま

れる成分が薬の作用を邪魔したり副作用が出たりするからです。お水が1番。

3371件中 1321~1323件

  1. 1
  2. ...
  3. 439
  4. 440
  5. 441
  6. 442
  7. 443
  8. 444
  9. ...
  10. 1124