ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

ありがとう

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2021年2月24日

もうすぐ、2月25日になる。

私の大切な友人の3年目の命日になる。

可愛いい後輩の夫である。

 

家族ぐるみの付き合いで年末年始を一緒に過ごしたり・・

たくさんの記念日やイベント時を一緒に過ごした。

 

彼は私の崇拝するガクト似のイケメン美容師であった。

いつも前向きで自分に厳しく常に学んでいた。そんな印象が強かった。

 

時間もなく忙しかったと思う。

そんな中でも、お客さんのために出来ること。喜んでもらえたら・・とそんな話をよくしていた。

 

家族に対しても、不器用であったが、何かをしてあげたい、喜んでもらいと思う気持ちは一緒だった。

 

そんな彼が居なくなって3年。居なくなった実感はまだないのが現状。

しばらく会ってないな‥みたいな感じである。

 

私の娘の小学校の入学式の時には、朝7時に私の髪をセットしに自宅に来てくれた。

「着物でかっこよく行ってきてね」と、自分の事のように祝ってくれたこと忘れないよ。

 

人は、困った時や大変だった時に支えてくれた人のことは忘れない。

この夫婦は私にとって、どん底の時期を支えてくれた恩人。

 

自分の人生の中で「忘れない人」

 

自分の仕事に誇りを持ち、夢を語るあの顔を思い出すたび

「まだまだ自分もやれる」と勇気をもらう

 

そんな時に、ガクト様の「君のためにできること」を聴き

誰か一人のためでいいから頑張れる自分でいたいと思う

 

「ありがとう」

 

 

 

 

今よりよくなれば幸せ

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2020年12月25日

 

小田さんのセミナー 「will‐Being」を仕事に加える

 

研修の中での「今よりよくなれば幸せ」のフレーズが、一番心に残った。

 

欲張りの私は、あれも、これも・・・と望んでしまうことが多く、出来たことがあっても、

 

「あれがまだできていない」「あれもやらなきゃ」と満足に至らないことが多い。

 

その感性は自分にも他人にも持っていた気がする。

 

「今よりよくなればいいじゃん」のこの感性が重要と言われて、しみじみ「そうだ」と感じた。

 

求めすぎず「小さな成功体験を作ってあげること」「自分でできた」と自信につなげること!

 

その辺の意識をしながら、しっかりお仕事改革していきたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

お茶目な利用者さん

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2020年9月19日

私の担当の幸様は、脳幹出血で指先にも麻痺が残ってしまい、上手に動かすことができません。

 

それでも、何とか携帯電話で決まった所には連絡ができまし

 

電話に出るのも、なかなかうまくいかず時間がかかるんだと話されていました。

 

そんな中、携帯電話の買い替えでスマートフォンを購入^0^

 

まずは使い方レッスン。電話をかける!電話に出る!

 

それがクリアできると、ラインを始めることに^:^

 

そしたら、毎朝、毎晩のスタンプが届くようになりました。

 

yui

先月のサービス担当者会議では、スマホでの指先を動かすことをケアプランに導入。

 

たまに、スタンプが送られてこないと、具合が悪いんじゃないかと確認までしてしまいました(笑)

 

家族や、友人とのつながりをとても楽しまれているようです。

 

楽しみながら、指先のリハビリ!!  これからも楽しみあるプラン作成を心がけたいと思います。

 

 

154件中 1~3件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 52