ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

認知症伴走型支援事業

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2022年9月24日

令和3年度の新規事業として「認知症本人や家族に対する伴走型支援拠点の整備の推進」が始まりました。

 

認知症高齢者の数は、2025年には700万人。65歳以上の5人に1人に達することが見込まれています。

【伴走型相談支援】

・認知症の人や家族に対し、認知症による症状が察知された早い段階から関わり、その変化にも寄り添い続ける事で地域での認知症の人やその家族を支えます。

 

・共に考えながら気持ちを支え、理解と受容を促しながら適切な情報や知識の提供を行うことで、認知症の人やその家族が考え、自ら選択できるように支援します。

 

課題とされているのが、「初期段階の支援」です。(認知症と診断されていない時期も含む)

 

症状が進んでから、支援や介護を受けることが多く、本人も家族も疲れた状態になっています。

 

そんな中「伴走型支援事業」が始まりましたが、現状としては、ほんの一部の地域でしか始められていないようです。(手を挙げる事業所が少ない)

 

国が掲げた認知症政策のスローガン「認知症に人や家族が希望をもって暮らせる社会を実現する」

 

実現させるために「どうやったらできるのか」とあらゆる方法を考えて可能性を探っていくことが大切だと思います。

 

地域で作り上げていくことが重要で、そんなお手伝いが少しでも今後出来たらいいのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

信頼関係の大切さ

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2022年7月10日

先日新しく担当させて頂いている方から嬉しい言葉を掛けていただきました。

初めての介護サービスを開始する事になり、心の中は不安だらけだったと思いますが、話しを色々聞かせてくれました。

仲の良いお兄さんとの関係、昔から大切に育ててもらっていた事など…

そんな会話の中、「こんな話しをするのはあんただけだよ」と声を掛けてくれた時、数回しかあった事のない私に少しでも親近感を抱いてもらえ、色々話をしてくれたんだと思った瞬間、とても嬉しく思いました。

ケアマネとご本人、そしてご家族との信頼関係をより大切に考えていきたいと思った出来事でした。

ありがとう

カテゴリー:居宅介護支援事業所/2021年2月24日

もうすぐ、2月25日になる。

私の大切な友人の3年目の命日になる。

可愛いい後輩の夫である。

 

家族ぐるみの付き合いで年末年始を一緒に過ごしたり・・

たくさんの記念日やイベント時を一緒に過ごした。

 

彼は私の崇拝するガクト似のイケメン美容師であった。

いつも前向きで自分に厳しく常に学んでいた。そんな印象が強かった。

 

時間もなく忙しかったと思う。

そんな中でも、お客さんのために出来ること。喜んでもらえたら・・とそんな話をよくしていた。

 

家族に対しても、不器用であったが、何かをしてあげたい、喜んでもらいと思う気持ちは一緒だった。

 

そんな彼が居なくなって3年。居なくなった実感はまだないのが現状。

しばらく会ってないな‥みたいな感じである。

 

私の娘の小学校の入学式の時には、朝7時に私の髪をセットしに自宅に来てくれた。

「着物でかっこよく行ってきてね」と、自分の事のように祝ってくれたこと忘れないよ。

 

人は、困った時や大変だった時に支えてくれた人のことは忘れない。

この夫婦は私にとって、どん底の時期を支えてくれた恩人。

 

自分の人生の中で「忘れない人」

 

自分の仕事に誇りを持ち、夢を語るあの顔を思い出すたび

「まだまだ自分もやれる」と勇気をもらう

 

そんな時に、ガクト様の「君のためにできること」を聴き

誰か一人のためでいいから頑張れる自分でいたいと思う

 

「ありがとう」

 

 

 

 

156件中 1~3件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 52