ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

水!

カテゴリー:管理栄養士/2020年6月5日

 人体の多くを占める構成成分

 1日の摂取量と排出量はほぼ同じ

 

  水は、人体の構成成分としてもっとも大きな割合を占めているものです。

体内の水分量の割合は性別によって異なり、成人男性の体の約60%、女性は脂肪が多いため、55%くらいといわれています。

 

水を多く飲み過ぎれば排出量が増え、体温が高くなれば排出量が増え、体温が高くなれば汗が出るというように、水の出納によって、体内のバランスが一定に保たれています。

 

  水の働きは?

  水分量、体温を調節する。

  10%が失われると生命に関わる。

  水は、体のなかで溶媒として働いています。栄養素などを溶かして、消化や吸収を助け、体の各組織に運ぶ役割を果たします。

 また、老廃物を溶かし、体外へ排出します。汗や尿、呼気として水分を排出することによって、体温を調節しています。

  ナトリウムやカリウムなどは水の溶けて、プラスとマイナスの電荷をもつイオンになります。

 このような物質を電解質といい、体内の浸透圧調節や、体液量の調節などを行っています。

 

 人は、体内の水分が2%欠乏するだけで、強いのどの渇きを自覚するようになっています。

 脱水が体内の10%近くに及ぶと死の危険性があるといわれています。

 

 水は人間の生命維持に欠かせない役割を果たしてます。

 

 体内の水分のバランスがくずれ、細胞外の細胞間液などに水分が異常に増えた状態をむくみといいます。

 むくみは、痛みを伴わない腫れが主な症状ですが、内臓疾患が原因の可能性もあるんで注意が必要です。

 

 

たんぱく質の基礎知識

カテゴリー:管理栄養士/2020年3月17日

三大栄養素の一つ 人体の構成成分になる

 

 人体は約60兆個の細胞からできており、つねに新しい細胞につくり替えられています。たんぱく質をしっかりとることが、活発な新陳代謝に欠かせません。また、細胞だけではなく酵素やホルモンの成分でもあり、神経伝達物質もたんぱく質からつくられます。

 

 糖質・脂質が不足している場合には、エネルギー源にもなります。

 

必要量は条件によって変化 不足する新陳代謝が低下

 

 たんぱく質の必要量は、運動量や代謝量など、さまざまな条件によって左右されます。激しい運動をしたり、感染症や外傷がある場合には必要が増加します。

 たんぱく質の摂取量が不足すると、細胞の材料が足りなくなり、新陳代謝が低下します。皮膚や血管の弾力が低下し、体力や免疫力の低下にまでもつながります。また、乳幼児や成長期の子どもの場合は成長障害を起こします。

 

 たんぱく質が体内で有効に利用されるためには、ビタミンB6が必要です。とくに摂取量が多い人は積極的に取り入れることが大切です。

*ビタミンB6が多い食品:さんま、カツオ、豚ヒレ、鶏ささみ、バナナ

 

過剰に摂取すると 腎臓に負担がかかるおそれも 

 

 食事から摂取したたんぱく質は過剰に摂取してもすべては貯蔵されず、余分なものはごみとして排出されます。ごみとなったものは腎臓でろ過され、尿となり排泄されるので、腎臓が弱い人は過剰に摂取し続けると腎臓機能を悪化させます。

 動物性たんぱく質の摂取量が多いカルシウムの尿中排泄量が増加し、骨粗鬆症のリスクを上げるともいわれています。また、動物性たんぱく質を日常的に多く摂取する人はそうでない人に比べて、尿路結石になりやすいともいわれており、長期的な過剰摂取には注意が必要です。

脱水

カテゴリー:管理栄養士/2019年12月13日

 

 

体に不可欠な水分とともに電解質が失われて 集中力の低下やしびれ、脱力が起こるようになる。

 

水分は人間にとって必要不可欠なものですが、脱水症とは体から体液として水分が出てしまい、不足した状態をいいます。

体液とは単なる水ではなく、ナトリウムやカリウム、カルシウムといった電解質を含むもので、脱水とは電解質も失うということを意味します。

 

 脱水症は、発汗や下痢などで体液が失われた場合と、体液の供給が不足した場合に起こります。

 

体液が不足すると、血液の量が減って血圧が下がります。そのため、臓器をめぐる血液が減ってしまい、栄養素を供給したり老廃物を排泄したりする機能が低下します。

 

 脳への血流が減ると集中力が低下し、消化器への血流が減ると食欲低下を招きます。

また、電解質が不足すると脚がつったりしびれや脱力が起こります。

 

水分が必要なときのとり方は?

 

大量の汗をかいたときや、アルコールを飲んだときには水分を補給する。

人間の体は、老廃物と一緒に水分を尿や汗として排泄します。

そして、ほぼ同量の水分を摂取します。その量は1日に約1500mlですが、水分は直接飲む以外に料理からも取り入れられます。

しかし、夏の暑い日やスポーツをしたあとには大量の汗として水分と電解質が失われます。

激しいスポーツを2時間半行ったときに失われた水分は、1日ぶんに等しい1500mlにもなるといわれていますので、水分と塩分を一緒に補給できるスポーツドリンクをこまめに飲むことが必要です。

 また、アルコールを飲んだときにも、水分をとらないと二日酔いの脱水症状を起こします。

こんなときには1000ml程度の水分を補給しましょう。

コーヒーやお茶を飲むと、カフェインの利尿作用でアルコールを排泄するので、飲酒時の水分補給に役立ちます。また睡眠中にも平均350ml程度の水分が失われるので、就寝前には水分補給を。脳血栓の発症を予防することにつながります。

 

93件中 1~3件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 31